消費者金融が伸びる理由

消費者金融が伸びる理由

バブル経済が崩壊してから以降、いわゆるサラ金と呼ばれていた消費者金融会社の利益の増収が、ものすごく伸びています。 伸びる理由を考えてみます。 まず理由として挙げられるのは、日本経済の長引くデフレ状態にあり、収入が減り生活苦に陥る人が多くなってきたことです。 遊行費などに使われると思いがちな借金ですが、最近では生活費の足しに使われることが増えてきました。 それには、会社の倒産件数が増えたことや、倒産しなくても減収入の憂き目にあっている人が多いことを示しています。 そして、他に考えられるのはクレジットカードの普及により、キャッシングへ抵抗が無くなった人が多いことがあげられます。 また、消費者金融会社のTVCM解禁や人と対面せずに貸付を行える無人ATMの設置も大きいでしょう。

お金を借りるのに抵抗がなくなったことと、他の一般金融機関などでの貸付が出来ない人が増えたというのも原因の一つです。 そして、消費者金融の大きな特徴である、「無担保・無保証人」で貸付してもらえるのも大きな原因といえるでしょう。後は、他の金融機関のように、特定顧客への融資の偏りが無いことも特徴です。 何回でも借りれるというのは、利用する人としても使いやすいですが、利用される側の消費者金融会社にとっても、何回も返済実績の信用のある顧客との取引は、大きなメリットです。

【お役立ちサイト】
・ キャッシングの比較やキャッシングについての詳しい情報 → キャッシング 比較
・ 加入している保険の見直しでお金を節約したい方向けの情報 → 保険 見直し